バイトから正社員に転職するときの志望動機とは?

「この会社に入りたい」という熱意を伝える

アルバイトから正社員になりたい方はおそらく「安定した職業に就きたい」という希望を持った方がほとんどだと思います。しかし「アルバイトは不安定なので安定した正社員として働きたい」では志望動機になりません。「正社員ならどこの会社でもいいのですか」という風に思われてしまう可能性があります。ですから、「この会社に入社して働きたい」という意思や熱意を伝えることが重要になってきます。それは「志望業界」や「志望職種」を含め、この会社のここに魅かれている、この会社でこういう仕事がしたい、という「この会社で働きたい」という気持ちを前面に押し出しましょう。ただ単に生活のためではなく、この仕事に就きたいという意思を伝えることが大切です。
また、アルバイトではできない正社員だから出来ることをやりたい、という部分も強調します。アルバイトは短期的なお仕事ですし、正社員と比べて単純労働が多いケースがほとんどです。なので、正社員になって出来る限り長期にわたって仕事をしたい、より責任のある仕事を任されるようになりたいなど、先方の応募職種に沿った回答をするとよいでしょう。

具体的に何ができるかを伝える

採用されるためにはどんなアルバイトをしてきたかよりも、アルバイトをする中でどのような仕事が出来るか、どのような仕事を身につけたかがポイントになってきます。アルバイトの貴重な体験談も面接の中ではうける場合もありますが、それよりも具体的な経験値を説明した方がよいでしょう。
例えばコンビニエンスストアのアルバイトでも、「長期にわたってアルバイトをしたことによって後輩の指導が出来るようになった」とか「お客様へのクレーム対応が出来るようになった」とか「最初は雑用のみだったが別の仕事も任されるようになった」等アルバイトをしていく中で身につけた社会人としてのキャリアを伝えると採用する側もあなたの経験値がわかりやすくなるでしょう。

転職活動はめげてしまう時もありますが、働くって実は楽しいことなんですよね。一方的に書いてきましたが、正社員になりたいあなたのお役に少しでも立ったとしたらうれしいです。またどこかでお目にかかりたいです。

バイトから正社員に転職するときの志望動機とは?

バイトから正社員に転職するときの履歴書のコツ

企業は履歴書のどこを見るか

あなたが現在アルバイトをしている会社に正社員として転職するのであれば、履歴書はあまり問題にされないでしょう。おそらく既にキャリアを買われ、正社員として採用をすることを前提に履歴書を提出するからです。それでもあまりにもひどい履歴書であれば問題がありますし、まして他社に転職するのであれば履歴書が第一印象になります。ここでは転職する際の履歴書について考えてみましょう。
・誤字脱字をなくす、丁寧に書く、修正液を使わない
あたりまえのことですが、上記の三点が重要です。誤字脱字を修正液で直して提出する強者はあまりいないと思いますが、「丁寧に書く」ということを忘れがちになります。書き出しは誰でも丁寧に書きますが、後半になるにしたがって書き急ぎ、だんだんと乱暴な文字になることがあります。また、一回で仕上がればいいのですが、履歴書を書く時は緊張して簡単な文字も間違えてしまい、何枚も書く羽目になることがあります。するとだんだんと乱雑な字になります。すると、「丁寧ではない」「後半の文字が乱れていて飽きっぽい性格」などと烙印を押されることになりますので注意が必要です。
また、文字以外には「封筒の書き方」も大きな要因です。社会人になると仕事で書類を郵送することも多くなりますが、この「封筒の書き方の常識をマスターしているかどうか」もチェックされています。これは考える必要もなく、調べればわかることですので、きちんと書式通りにかけるようにしておきましょう。また、証明写真も自動撮影のスピード写真ではなく、写真館などで撮影したものの方が評価が高くなります。写真の見映えも違いますし、「わざわざこの為に写真館へ行く手間をかけた」という熱意も伝わります。

熱意を伝える

履歴書で唯一熱意をアピールできる部分が志望動機です。あまり細かくダラダラと書くのも問題ですが、通り一遍の定型文ではあなたの熱意が伝わりません。「この会社に入りたい」「この会社で仕事をしたい」という気持ちが伝わるように書けると、成功への第一歩です。1.の項で書いた「丁寧さ」もこの熱意を伝える一つです。

バイトから正社員に転職するときの履歴書のコツ

バイトから正社員に転職するポイント

その会社で正社員に繰り上がる。

バイトから正社員に転職する一番確実な方法は、アルバイトをしている会社で確実に仕事をこなし、キャリアを積み、正社員として採用したいと思わせることです。これはアルバイトから正社員に採用するという方法を取っている会社に限られますが、学生や社会人としてアルバイトしていて、そこから正社員に採用されたという方を実際に何名も知っています。ただその方たちはやはりキャリアを十分に認められた方、またアルバイトの時点で他社に出したくないほどの能力を身につけた方がほとんどです。例えばPRの部署でアルバイトをしていて、ライターさんと親しくなり、何人ものライターさんから信用されてコネクションを持てるようになったとか、事務方で採用されて、事務の事はほとんど把握しているとか、アルバイトなのにもかかわらず正社員より処理能力や指導能力に優れている等、経営陣から見て明らかに能力が優れている場合はスムーズに正社員として採用されるケースがあります。最初は「使えないアルバイト」と言われている人もいました。最初は誰だって即戦力としては使い物ならない場合がほとんどです。しかしアルバイトとして仕事の能力を高めていけば正社員への道は開けていると言えるでしょう。

アルバイトのキャリアを活かして他社に転職する。

往々にして「アルバイトだから」というスタンスで仕事をしている場合はあまり評価されないことが多いです。どこかに正社員との責任感の相違が出てしまうからです。お店の販売員さんや店員さんに「アルバイトなのでわかりません」と言われて、「アルバイトでも仕事は仕事だろ、金もらってるんだろ」と思ったことはありませんか。仕事のスタンスというのは相手にも分ってしまうものです。まずは「アルバイト」という概念を捨て、その仕事で「プロ」になることを考えて仕事をしましょう。「技術」も大切ですが仕事に対する「熱量」も正社員になる大きなポイントです。もちろんその上に「技術」を身につければさらに正社員への道は広がります。「簿記検定に合格した」「イラストレーターが使える」「顧客を持っている」などと、あなたにしかできない技術やキャリアを身につければより正社員としての採用に近づくでしょう。

第2新卒 求人 ハローワーク

バイトから正社員に転職するポイント

正社員に転職する理由

正社員にこだわらず、派遣社員の方が気楽というスタイルを取っている方もいます。しかし正社員には非正規社員にはないメリットがあります。それを考えていきましょう。

なんといっても安定感

正社員になって一番のメリットはやはりなかなかクビにされにくいという安心感ですね。企業が業績不振になり、人員を減らすということになると大体は、業務委託契約者、パートアルバイト、派遣社員、契約社員、正社員の順番になり、正社員の解雇が一番最後になるのが通常です。この安心感は一度正社員ではない雇用形態を経験した人にとっては大きいものです。とはいえ終身雇用制は事実上崩壊しており、正社員だからといって「簡単にクビにはならない」と思っていると、オーナーカンパニーや外資系では急にリストラで解雇されるケースも珍しくはありません。しかし順番的に言えば正社員の解雇が一番最後になるケースがほとんどなので、正社員の身分を確保しておく方が安心です。

保険料が半額

正社員になると「厚生年金保険」「健康保険」「雇用保険」「労災保険」の4つに加入できることになります。
このうち「健康保険」と「厚生年金保険」は会社が保険料の半額を負担してくれます。これは素晴らしいシステムですね。自営業になるとこの二つは個人の全額負担であり、国民健康保険は他の健康保険より高いと言われています。この保険に対する金額的要素が正社員として働く大きなメリットになります。
また、「労災保険」の保険料は全額会社が負担してくれますし、「雇用保険」は会社と本人がそれぞれ負担することになっています。

有給休暇や福利厚生

また、有給休暇や福利厚生も正社員でない立場の人から見ると優遇されているものの一つです。自営業の場合、働かなければその分実入りが減ってしまいますが、有給休暇があれば休んでも給料が保証されるのです。なにもしなくてもその日一日分の給料が入ってくるのです。これは有休のない人から見ればうらやましいとしか言いようがありません。また、福利厚生施設など、正社員の時にはあまり興味がなく使わない方も多いのですが、いざ使いたいという時に使えるものがあるというのは心にもお財布にも余裕ができます。

正社員に転職する理由

大阪で正社員になるまでの道

どうしても大阪で正社員として転職したいあなた。人それぞれ理由はありますが、募集の案件数は東京と比べるとやはり少なくなってしまうものです。大阪での転職の傾向と対策を考えてみます。

募集人員の絶対数の違い

東京と比較すると大阪での転職案件数はどうしても少なくなります。企業数の差もありますし、大阪には支店のない会社もあります。しかし大阪に本社がある企業も少なくありません。大阪本社の会社は比較的関西の方が多く、関西での採用も多いので大阪で転職するのには多少の利があるでしょう。

対策その1:競争率と空き待ち

東京に比べ、案件数が少ないことも事実ですが、比例して人口密度が少ないことも事実です。なので競争率としては東京も大阪もそれほど変わらないのではないでしょうか。また、現実的には東京本社の企業も視野に入れて転職活動をすることになりますので、あまり悲観的にならず、「全国の企業の中から大阪で転職できる転職先を探す」という目線にしておくと良いと思います。また、大阪に限ったことではありませんが、地方で人員の抜けがあった場合、その地方で補充人員を追加する、といった傾向があります。転勤の多い大手企業はこれに当てはまらない場合もありますが、往々にして、大阪在住でキャリアも知識もある人員が減った場合は、大阪で採用するというケースが多いです。この大阪での人員補充という案件を探し出せれば転職は比較的スムーズに行くでしょう。しかしどこかの席が空くというのはそう都合よくあるわけではありませんので、常時転職サイトなどをチェックしておくと良いでしょう。

対策その2:現地採用

大阪での転職の場合、全国的に募集するよりも大阪エリアのみで人員を探すケースがあります。何故ならば大阪エリアの土地勘があり、仕事経験をした人材が欲しいからです。よその地方から転勤させるのは企業としても大変な労力がかかります。この場合、東京本社決済よりも大阪での意見が優先される場合があるので、大阪在住の方には有利になると思われます。また、東京にしかオフィスがないけれども、「大阪在住で社員として活躍してくれる人が欲しい」「大阪支店を発足するので大阪でキャリアがある人を募集」という案件も現実にありますので、常にアンテナを張り巡らしておくことが必要になります。

大阪で正社員になるまでの道